R.A.O.Wの気まぐれ紀行

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くへゆきたい

秋ってなんですかね? 猛烈な夏が過ぎたと思ったらいきなり冬のような日々…
何だか日常に忙殺されてるなぁ~

旅に行きたい。

夏に金沢と富山へ行ったきり、最近ご無沙汰だわ。

温泉もいいけど、とりあえず近くの銭湯にでも行ってみるか。



スポンサーサイト

オートパーラー上尾

先日、猛烈に久しぶりにオートパーラー上尾へ遊びに行ってきた。
実家の近くにある、思春期に通った思い出のゲームセンターだ。
当時はチーズバーガーの自販機や野球拳をやれるゲームがあったのだが、残念ながら現在では無くなってる模様。
クレーンゲームの景品がパンツだらけだったのはちょっとウケたな。

どれだけ残存しているのだろう。
懐かしい自販機巡りとかやってみたいなぁ。

参考サイト
http://jihanki.michikusa.jp











それにしても昔のゲームセンターってたいていタバコの匂い香る不良の溜まり場だったよなぁ…
いつの間にか、女子度、オタク度が高い場所へと変貌していった気がするな。
その辺りの分析したらちょっと面白そうかも。

テーマ : 埼玉県を散歩    ジャンル : 地域情報

世界最大隕石

こんばんは。
お盆休みは今年2回目となる伊豆旅行へ行って来ました。
今回も良い感じで未知との遭遇感。

伊豆高原を拠点としていつも旅をしているので、どうしてもその界隈を散策する事になる。
遠出をしても南伊豆辺りまで。

西伊豆方面はまだまだ未体験ゾーンなので、次回はそっちを攻めてみたいな。















テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術

まぼろし博覧会とセーラちゃん

今年のゴールデンウィークは伊豆へ行ってきた。
なんだかんだで毎年必ず訪れている土地。
海の幸、山の幸も有り、とても良い所。
自然も良いのだけれど、一番好きなのは『まぼろし博覧会』かなぁ。
所謂イロモノ的なスポットなのだが、何回観ても飽きない猛烈な情報量のオブジェの類。
今回は初めて館長(セーラちゃん)とお話をする事が出来たのは感激した。
ゴールデンウィークという事もあり謎過ぎる人々が文化祭を開催していた。
(元々、文化祭の極みのようなスポットであるが…)
不思議な人々が一杯居ると幸せな気持ちになる。
ちょこちょこと手を加えているという実にカオスな博物館。
次回訪れた時にはどんな変化があるのか楽しみだなぁ。

まぼろし博覧会のサイト
http://maboroshi.pandora.nu

















テーマ : 静岡県    ジャンル : 地域情報

よぐ来たねし青森

先日、勢いで青森へ。
転勤で青森へ移った友人から「頼むから来て欲しい」との依頼があったので断る理由もないままに旅券購入。

前々から気になっていた土地とはいえ、正直行く程の大それた理由があった訳でもなし、これも良い機会なのかなぁ…と思ったのも事実。

行きの東北新幹線で仙台を越えたあたりから物凄いドキドキ感に襲われる。
仙台にはこれまで何度も行っているが、その先は完全なる未知数。
八戸くらいは知っていたけど、二戸とか七戸とか色々な地名があるんだなぁ。

あっという間に新青森に到着。



駅に着くと「ねぶたまつり」関連のポスターやオブジェが目に飛び込んできた。
友人曰く「ねぶたまつり」は有名だが、他にも「ねぷた」「たちねぷた」などがあり、それぞれ地域もテイストも異なるとの事。

参考サイト
http://matome.naver.jp/m/odai/2137520406254480301

今度来るときは生で祭を体感したいものだ。

友人の車にて色々と連れて行ってもらう旅路となった。


八甲田山丸






八甲田山ロープウェイと景色

往復で2000円もかかると聞いて「高くね⁉︎」とか思ったが、まるでバスのようなデラックスなロープウェイと山頂の涼しさと山の香りの芳香さに満足感を得る。


廃バス


なんともキュートな屋外トイレ


酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)
混浴があるとの事で期待大!


木造建築が実に見事であった。


年代を感じる造り。
残念ながら混浴は女湯との仕切りがあったとさ。
それでも満点の温泉風呂でした。
硫黄強め。


そして黒石市へ。
ラブボーイと友人。


フラッと立ち寄った民家でおばあちゃんと談笑。
85歳にはとても見えない溌剌さ。
工芸品をしばし堪能。


こけし大好き。


そして黒石名物の「つゆやきそば」なるものを頂く。
まずは焼きそばを半分食べろ、との事。


その後に熱々のつゆを注ぎ、薬味をプラス。
うん、美味い!
意外とあっさりしてるのでいくらでも食べれそうだ。

そして田舎館村へ向かう。


ジャン!


ジャンジャン!


ジャンジャンジャン!

田んぼアート、ヤバかったす。
以前にネットで見て気になっていたけど生で見れて嬉しかったな。


生姜味噌おでん&ごへいもち
道中、つまみ食いした食べ物もイチイチ美味しくて「食いしん坊万歳!」と叫ばずにはいられなかった。

そして何より方言が可愛い!
津軽弁?ズーズー弁?
実にたまらないっすね。
青森出身のコ達には標準語に負けじと使い続けて欲しいと心底感じた。

ところで青森は過疎化が進んでいるとの友人談。
少子化の昨今、それは当然の成り行きなのかもしれない。
寂れた印象は感じたが、地方はどこもそんな感じだと思う。
地形的に「末端」にあると色々と難しいのだろうか…
個人的にはとても気に入った土地なので、是非ともまた来訪したい。
白神山地や恐山、下北半島に八戸など…
まだまだ行きたいスポットはあるのだ。

テーマ : ぶらり旅    ジャンル : 旅行


Profile

R.A.O.W

Author:R.A.O.W
a.k.a satorumagical a.k.a 中野 賢

Latest journals
Latest trackbacks
counter
tweet
FB
 
Search form
 
 
 
 
 
 
 

アクセスカウンター
出会いhttp://www.telanan.com/メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。