R.A.O.Wの気まぐれ紀行

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『樹は巡る』

『樹は巡る』@埼玉県立近代美術館

先日、友人の内野知樹氏の写真展へ行ってきた。
彼とはなんだかんだで10年くらいの付き合いになる。
もともとトイカメラが流行っていた頃に出会ったのがキッカケ。
あの頃はロモやらホルガやら色々買ったなぁ…

今までに何度か彼の展示を見に行ってるが、今回の展示は和紙+材木+写真という手法。
「自然」をこよなく愛する彼の作風にピッタリのアプローチ方法だなぁ~とつくづく。

写真を通じて生まれる対話は実に興味深い。
ただ単に作品が良いかどうかだけではなく、その人自身の生き様、思想なども垣間見えるのである。
きっと答えは1つでなく、味わう人の数だけあるのであろう。

http://tomokiuchino.com





そういえば今朝は雪が積もった。
今年初雪になるのかな?
寒い季節は心の奥まで冷え切ってくるようだ。



スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術

鉄道博物館






鉄道博物館は比較的近所なんだけど、何気に初。
そもそも鉄道オタクと言う程でもなく、ただ単純に写真を撮るのが好きなだけ。
そんなライト層にも充分楽しめるスポットだった。
これで1000円ならまた行ってもいいな、と。

EF55の汽笛は本当に良い音だった。
通称”ムーミン” EF55は歴代で3両作られたらしいのだが、現存するのはこの車両だけとの事。

何だか趣深かった。

テーマ : 歴史雑学    ジャンル : 学問・文化・芸術

新台入替



とうとうこの日が来たか…
職場にある「洗張機」が明日、新品と入れ替えになってしまう。
私が今の職場に来た時には既にあった年季の入ったシロモノだ。
流石に老朽化で限界との事。

洗張機とはローラーと水槽に反物を通してベルトコンベアで水洗いするシステム。
おばあちゃんが着ていた着物を解いて洗張をして、仕立て直しをしたものをお母さんが着て、そのまた子供に…と昔から着物は代々受け継がれていくのが文化です。

決して安いモノではないけれど、そのように大切にされていくのなら価値は充分にあると言えましょう。

洗張をする事でツヤとハリが蘇り、生地が生まれ変わります。
弊社は商品を売りっぱなしではなく、このようなアフターケアがしっかりしている点が心より素晴らしいと感じております。

呉服業界では年間数え切れないほどの会社が倒産しています。
現在は洋服が主流ですし、私も日頃は洋服を着ています。確かに必要のないモノ。
当然の如く厳しい状況が続いているのも事実。
そんな中、ウチの社の業績が伸びているのもアフターケアが大きな要因だと思います。

なんだか会社を褒め殺しみたいになってきたので、そろそろやめますね(笑)

それにしても古びた機械というモノはなんてカッコ良いのだろうか。

今までありがとね。

写真家 大浜健太郎













2015年5月18日
retro high spec@江古田Flying Teapot

撮影「大浜 健太郎」

英文科時代の友人、ハマケン。
彼と久々の邂逅。

先日のRHS企画にひょっこり来てくれた。
まさかこのような形で再会出来るなんて…

彼がカメラマンとして頑張っているのは風の便りで知っていたが、出来上がりの作品を見て「流石、見ているところが素人と違う。」とは素人の私にも一目瞭然。

ほんと良い写真撮るなぁ。

いわゆるバリバリな一眼レフではなく、なんともレトロでコンパクトなフィルムカメラを使っているのも興味深かったな。

なんて名前のカメラだったんだろう…

また今度、会った時にでも聞いてみるか。

焼きたてほやほやの写真。

年がら年中写真を撮っているくせに、カタチに残すのが億劫で何となく放置したまま山のように積もった写真データ。
デジカメが登場する前は嫌が応にもプリントしなければ仕上がりを確認出来なかった訳だったし、それが普通だった。
データを保有している事で一種の満足感のような錯覚を感じてしまうという…デジタル化の弊害を無意識に受けている事に気付かされる。

デジタル化のメリットと言えば、気に入った写真のみをプリント出来るという事。
無駄な出費を出さずに済む。

極めて合理的である。

だが、そこには何かが決定的に欠けている。
「ドキドキ感である」

「コレは良い。間違いない」と自分が確認したモノのみをチョイス出来るというのは便利な事なのだが、「どんな仕上がりになるだろう⁉︎楽しみだなぁ~!」という過程を思いっきりスっ飛ばしてしまっているのだ。

デジカメしか知らない世代には「なんか古臭い考えだよね~」とか言われそうだけど、実際にフィルムカメラ世代なのだから仕方がない。

話が長くなってしまったけど、ただ言いたかったのは「改めて、写真もナマが良いね」という事。
データはあくまで人とのやり取りの都合上で便利なだけで、それ以上でも以下でもない。
音楽や他のジャンルにおいても同様。
肝に銘じておかねば。

(p.s.)
家のプリンターで印刷しているんですが、インク高いな。
ネットで頼もうかな~。
5円/1枚(Lサイズ) の店とかあったし。


Profile

R.A.O.W

Author:R.A.O.W
a.k.a satorumagical a.k.a 中野 賢

Latest journals
Latest trackbacks
counter
tweet
FB
 
Search form
 
 
 
 
 
 
 

アクセスカウンター
出会いhttp://www.telanan.com/メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。