R.A.O.Wの気まぐれ紀行

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオと情報砂漠

こんばんは。
今回はラジオの話なぞちょこっと。

ラジオ好きの人と会った時に話をすると、しばしば「AM派」「FM派」とかに別れるけれども…

ぶっちゃけ俺はどちらも好き。

「AMしか聴かない、FMしか聴かない」という考え方なぞ「洋楽しか聴かない、邦楽しか聴かない」というくだらない輩の考え方に近いと思う。
その時の気分によって聴きたいものなんてコロコロ変わる。
最近はAMを聴く機会が多いけど、数年前はFMしか身体が受けつけない時もあった。

振り返ってみるとラジオに魅せられたのは小学校6年生の時。
ある日の事、父親にもらったラジオを聴いたのがキッカケだ。

'AIWA'が'aiwa'表記になる前の小型ラジオだった。
当時の俺は大体、夜の9時頃には布団に入ってたんだけど、そこからが俺のラジオタイムの始まりだった。
文化放送に「尾崎和行のやみつきラジオ」という番組があって、凄くくだらないんだけど面白くて大好きだった。
頭から布団をかぶり、真っ暗闇の中でラジオを聴いているとなんともいえぬ至福な気持ちになれた。
「斉藤一美のとんかつワイド」とかも大体その頃に始まったはず。
ニッポン放送では「伊集院光のOh!デカナイト」なんかもやってたし、TBSラジオでは「岸谷五朗の東京レディオクラブ」なんて番組もあった。
布団の中はキラキラした小宇宙だった。
当時は学校に行くとみんなテレビやゲームの話題でもちきりだった。(俺ももちろんそれらが大好きだったけど)

ラジオを聴く事で少し大人になれた気がしたんだと思う。

みんなとの差異化。
アイデンティティの芽生え。
きっとそんな感覚だったと思う。

好きなアイドルのラジオ番組なんて、もう最高だった。
中学一年生の時には内田有紀にハマり、彼女がパーソナリティをやっている「夜空にユーキッス」をドキドキしながら聴いていたのは良い思い出だ。

ラジオって「耳からの情報だけ」なんだけど、それがかえってメディアとリスナーとの距離感をなくしている感じがあった。
テレビより間近に感じれるというか…
妄想を膨らませる楽しみもあった。

高校生の頃~20代中盤まではまったくラジオと無縁の生活を送っていたが、今でも作業中などにラジオを聴く事は多い。
予期せぬフレッシュな情報に飢えているのかも。
今はネットが普遍的になり過ぎて情報量も半端じゃない。
全部が全部拾っていたらとてもじゃないけど時間が足りないし、ハッキリ言って時間の無駄だ。

ネット、ラジオ、テレビ、雑誌など色々なメディアを選べる現代。
情報のセレクトショップじゃないけど、いわゆる「キュレーター」の役割が本当に重要な時代になっている事をひしひしと感じている。
本来は人々を潤すべき存在の「情報」のせいで人々が枯れていく感覚に襲われている気がするのは俺だけだろうか。

まるで情報砂漠だ!!
※造語です


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

Profile

R.A.O.W

Author:R.A.O.W
a.k.a satorumagical a.k.a 中野 賢

Latest journals
Latest trackbacks
counter
tweet
FB
 
Search form
 
 
 
 
 
 
 

アクセスカウンター
出会いhttp://www.telanan.com/メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。