R.A.O.Wの気まぐれ紀行

 
1
2
3
4
5
6
7
8
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


instagram + 創作文芸

こんばんは。

皆さん【instagram】って知ってますか?
簡単に言うと写真版Twitterですね。
つぶやく代わりに写真を投稿する。
至ってシンプルなシステムです。

自分が登録したのは約4年前。
当時はiPhoneでしかinstagramをやる事は出来ませんでした。
スマホを買う際にiPhoneに決定するキッカケの一つでもありました。
(もはやandroidでもやれますけどね。)

色々なSNSがある中、個人的には一番気楽に使えるツールだと感じています。

いつもは写真に対してのキャプションを付けるのはあまり好きじゃなく、無題だったり、書いても一文くらいなんですが、今日は何だかポエミーな気分でして創作文芸みたいな事をしてしまいました。(笑)

まず、UPしようと思った写真がコレ


旅館の部屋の冷蔵庫。
空ですね。
それが面白かったもいうよりは、右下の「トマト・J」が妙にツボに入ってしまいまして…
かなりマニアックなツボだと思うので、文章でも付けてみようかなぁ…?というところから妄想が始まりました。

以下、キャプションです。

今からさかのぼる事、30年前。
長野県のある山間部での小さなお話。

やんちゃ坊主のジョーは両親から老師の元に預けられ、現在修行の身である。
まだ13歳になったばかりの彼は滝に打たれたり、がむしゃらに山を駆け抜ける毎日を過ごしていた…
そんなある日の事、1日の訓練が終わり家に帰ったジョー。

♠️ジョー「う、ううっ… なんて事だ…カラッポだなんて…!」

♦️老師「ジョー… 頑張っているのは分かるがそなたはまだまだ青い。この中身はそなたの評価そのものなんじゃよ…」

♠️ジョー「クソー! 今に見てろよ!きっといつか…いつか…! 大好きなトマト・ジェイを好きなだけ飲んでやるっ!」

♦️老師「1に修行、2に修行で3に修行じゃ… 期待しておるぞ…」

【トマト・J】⇒(トマト・ジェイ) いわゆるKAGOM◯のトマトジュース等とは異なり、トマト以外にも色々な果実が混ざっている飲料。現代で言うところの野菜生活とよく似たミックスジュース。


まぁ、単純に駄作ですけれども考えている時はニヤニヤしてしまう位に楽しかったです。
普段から本を読むのは好きなんですが、自分で創作する機会はなく…
今後はなにかそういう事やっても面白いかもなぁ~と感じる秋の始まりでした。

興味がある方は私のinstagramページを覗いて行ってくださいませ。
以下のリンクから飛べます。
http://instagram.com/charang_porang




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

Profile

R.A.O.W

Author:R.A.O.W
a.k.a satorumagical a.k.a 中野 賢

Latest journals
Latest trackbacks
counter
tweet
FB
 
Search form
 
 
 
 
 
 
 

アクセスカウンター
出会いhttp://www.telanan.com/メル友